固定ページ

ISO9001の審査員になるにはどうすればいい?具体的方法について解説!

みなさんこんにちは!

日々街を歩いたり、会社で仕事をしているとISO認証のマークを目にすることが多いかと思います。

ISOに限ったことではありませんが、認証を取得するにはそれを審査する仕事もあります。

本記事ではISOのもっともオーソドックスなISO9001の審査員の話について書きたいと思います。

本記事では以下の方を対象にしています。

・ISO9001の審査員になる方法について知りたい。

・ISO9001審査員になったらその先はどんなキャリアがあるのか?

・ISO9001の審査員にはどんなものがあるのか?

以下記事で解説して行きます。



ISO901の審査員になるにはどうすればいい??

ISO9001の審査員にはJRCAとIRCAの2種類があります。

よって、JRCAの審査員になる場合と、IRCAの審査員になる場合で方法は異なります。

ISO審査員

5日間の研修がある

ISO9001審査員になるには、JRCA、IRCA両方ともまずは審査員補になるべく、まずは5日間の研修を受ける必要があります。

この研修機関も審査員評価登録センターの研修コース承認基準を満たしたものではなりません。

つまり、お墨付きの研修機関でしっかり研修を受けなくてはならないということなので、民間機関や商工会議所でHACCPやISOの研修を受けただけでは取得することは出来ないということです。

この研修も朝から晩までミッチリ行われる上、グループワークや課題も多くあるのでかなり体力を使います。

しかも遅刻などしたら即アウトなので注意が必要です。

私は交通機関の遅延などで贈れることが嫌だったので、近くにホテルを借りて研修を受けるプランにしました。

ISO審査員研修とセットで安く申し込めることがあるので、研修機関に問い合わせてみましょう。

また、この研修も規格要求事項について十分に理解している前提で実施されるので、この先にISO審査員やコンサルタントになろうと考えている方は、一度規格要求事項や、概要をザックリ解説してくれているものを読み込んでおくといいでしょう。

大抵参加する人も会社でISOの事務局をされている方などが殆どです。

この研修中に審査員としての振る舞いや、洞察力などの適性なをチェックされることになります。

ISO審査員

筆記試験がある

この研修機関での5日間の研修を修了した後に、筆記試験があります。

JRCAとIRCAは全く異なる組織なので試験もそれぞれ異なり、2時間程度ずつの試験になります。

この試験は不合格の場合は1年以内に1度だけ再試験を受けることが出来ますが、それにも落ちてしまうと再度研修から受験しなくてはなりません。

研修もかなりミッチリだったので、ぶっちゃけそれは避けたいところです。

ISO9001審査員の受験資格

次にISO9001審査員の受験資格について解説します。

JRCAとIRCAで受験資格が異なります。

JRCAの登録要件 審査員補

まずはJRCAです。

名前の通り、この審査員資格があれば国内のJRCA審査が可能です。

JRCA

どちらの規格も学歴については高卒以上あれば問題ありません。

JRCAはIRCAよりも要求事項が多く、目を引く特徴として

品質マネジメント分野の実務経験が申請日をさかのぼる10年以内に2年以上の品質マネジメント分野の実務経験を有していること

と書かれています。

こう書かれても自分の業務がそれに該当するのかどうかピンとこないかと思いますが、この品質マネジメント分野における実務経験とは以下のような業務を含みます。

・所属する組織または他の組織における品質マネジメントシステムの構築、運用、もしくは統括

・品質マネジメントシステムの内部監査または2社監査の計画、実施及び報告

・製品およびサービスの品質管理、品質の改善

・製品およびサービスに関わるプロセスの管理及び改善

以上のような経験があれば問題ありません。

また、4年以上の常勤による実務経験については社会人歴が4年あればいいと考えて間違いありません。

こう考えれば、自分の業務に関わると言える方は多いのではないでしょうか?

ISO審査員



IRCA 准審査員

次にIRCAの審査員についてです。

IRCAとは、International Register of Certificated Auditors(国際審査員登録機構)の略で、国際的に認知された審査員登録機関です。

海外の組織審査も視野に入れたい方はこちらを取得するのがいいでしょう。

教育経験も実務経験も特に制限が設けられていないので、審査員の研修と試験でのパフォーマンスのみが問われる形となります。

IRCA審査員

筆記試験はIRCAの方が難しい印象があるので、しっかり準備して臨みましょう。

JRCAに登録するか?IRCAに登録するか?

JRCAに登録すべきか、IRCAに登録すべきかという点ですが、これについては自分が活動するのが国内にするか、海外も視野に入れるかによると思います。

国内で審査員やコンサルタントとして活動するのであればJRCAでも十分でしょう。

JRCAで国内の審査やコンサルをしているうちにIRCAの審査もしてみたいというのであれば、途中からIRCAの資格を取得すればいいのです。

ISO審査員の資格を取得した後はどの様に活動すべきか?

研修と試験を終了して審査員資格を取得した後は、どこかの審査員登録機関に就職する必要があります。

完全に社員として働くことも可能ですが、契約審査員として断片的に働くことも可能です。

自分のライフスタイルに合った働き方を考えてみましょう。

また、審査員として経験を積んだ後は、そのまま主任審査員の道に進むのももちろんアリですが、審査員の経験を積んだうえでコンサルタントになる手もあります。

稼ぐのであればこれが最も良い手でしょう。

ISOを取得したい企業がいれば、どうやったらISO認証を取得できるのか組織に入り込んで達成するのです。

ISO業界も二極化が進んでいるので、

・簡単な指摘だけしてすぐに認証が取得しやすい審査をする

・しっかりプロセスアプローチから組織を見て、仕組みから良くするための審査をする

これらの審査はそれぞれ審査で審査員が求められることが変わってきます。

しっかりと組織を良くするための指摘をしたいのであれば、その方針を持った審査会社に就職する必要があります。

自信のキャリア形成に合った審査機関に出会うためには情報収集が必要ですので、各審査機関に直接問い合わせてみましょう。

ISO審査機関も、認証を与えるだけのところは本当に簡単に治せる指摘しかしません。

ISOを受診する組織としては非常に楽ですが、審査員の力量としては全く上がっていかないので、しっかり組織を良くするための指摘をする方針の審査機関で働く方がISOの良さを知る良いチャンスです。

ISO審査員

まとめ

今回はISO9001審査員になる為の方法を簡単に解説しました。

少しニッチな分野ではありますが、専門性を高めれば十分十分食べていける職業ですし、ISO取得コンサルであればフリーランスでもドカンと稼ぐことができます。

ISOには様々な規格がありますが、全ての規格の核となるのがこのISO9001です。

迷っているのであればこの審査員資格からチャレンジしては如何でしょうか?
いつもありがとうございます!更新の励みになりますので、クリックお願いします!
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)