固定ページ

コーヒーを飲むメリットとデメリットについて




モッチャン
モッチャン
コーヒーが大好きでさ!職場でも家でもついつい浴びるほど飲んじゃうんだよね!コーヒーって身体に良いって説もそうでない説もいろいろあるから教えてちょ!
実は俺も大好きなんだよね!
よし、コーヒーの生理的効果についてざっと説明するよ!
磯次郎
磯次郎

日ごろほっと一息飲むときに飲むコーヒーですが、コーヒーが好きな人ほどついつい飲みすぎてしまいますよね?わたしもそうです。

豆をローストする、つまり焦がした豆の抽出液を飲むわけですから、周囲からガンのリスクが上がるなど様々な悪影響の話も聞いたことがあるかと思います。

わたしもそのようなことを言われながら飲んでいたのですが、あまりにも毎日飲むためどんな生理的影響があるのかはとても気になっていました。

そこで本記事ではコーヒーがもたらすメリットとデメリットについて解説しようと思います。

本記事は以下の以下の方向けに書いております

  • コーヒーが好きだけどついつい飲みすぎてしまう人
  • コーヒーの体への影響について知りたい人

コーヒーを飲むメリット

まずコーヒーを飲むメリットについて説明します。

コーヒーはダイエットに効果的である

みなさんもコーヒーには「カフェイン」が含まれていることは既にご存知かと思いますが、これがダイエットと関係してきます。もともとカフェインは喘息の薬として利用されている薬用成分としての一面もあるのですが、

  • 脂肪燃焼作用
  • むくみの防止

といった効果も確認されています。この他にコーヒーにはクロロゲン酸という物質が含まれており、この物質の効果としては

  • 脂肪の蓄積を抑える
  • 抗酸化作用

といった効果があります。

クロロゲンでそもそも脂肪の蓄積を抑え、それでもついてしまった分はカフェインで燃焼を促すというW効果でダイエットに効果的があるというわけです。



コーヒーにはアンチエイジング効果がある

また、抗酸化作用についても効果があります。私たちは呼吸をすることで体に酸素を送り込んでいるわけですが、その際に発生するのが皆さんご存じの「活性酸素」です。この活性酸素は鉄を人間だと仮定すると「サビ」にあたるものです。

サビが多ければ老化していくことになりますが、これを抑制して若さを保つ働きのひとつが「抗酸化作用」です。

身体のサビには様々な要素がありますが、抗酸化作用のある食品を摂取することは、そうでない食品のみを食べ続けるよりもサビを減らすのに効果があると言えます。

コーヒーは精神安定に良い効果をもたらす

また、コーヒーは精神の安定に良い効果をもたらすとも言われています。

カフェインを摂取することで、自殺防止の効果があるとまでされています。

1日2杯コーヒーを飲む人の自殺率は70%近く低いという統計が報告されています。

もちろん自殺率低下には他にも様々な要素があると思われますが、日ごろコーヒーを飲むとほっとすることは確かです。

コーヒーは疲労感を軽減することが出来る

人間が感じる「疲労」は、身体の中にあるアデノシン受容体という器官がアデノシンをキャッチすることで発生します。

特に脳が疲労した場合にコーヒーは効果的です。

疲労した身体でコーヒーを飲むと、カフェインがアデノシン受容体にくっつくことで、アデノシンが受容体にキャッチされないことになります。

よって疲労感を感じなくなるということです。(正確に言うと疲労していても疲労を感じにくくなるということになります。)

コーヒーは覚醒作用がある

コーヒーと言えば眠気覚ましのイメージが強いですよね。

これにはカフェインの特性から説明することが出来ます。

人間の脳には「門」の様なものが設けられており、ここで化学物質は排除されます。

しかしカフェインは非常に小さな物質である為にこの脳内に設けられた門をすり抜けることが出来、その結果中枢神経を興奮させて脳を興奮させることができるのです。



コーヒーを飲むデメリット

トイレが近くなる

これはメリットでも解説しましたが、コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があります。

むくみを取るというメリットもあるのですが、同時におしっこに頻繁に行きたくなるというデメリットもあります。大事な会議や試験ではコーヒーで覚醒したい気もしますが、トイレが近くなるのは困りますよね。

依存性がある

アルコールやニコチンほど強力ではありませんが、カフェインにも依存性があります。

依存性は弱いものの、禁断症状に近い状況にもなるので飲みすぎは禁物です。

身体に良いものも悪いものも同じ食品・飲み物を過剰摂取するのはよくないですのでなんでもバランスよく摂取しましょう。

コーヒーの1日目安量

食品の法律に厳しいヨーロッパはどの様な目安を提唱しているのか調べたところ、

1日400㎎まではカフェインとっても問題なしとされています。

ですからスターバックスでトールサイズのドリップコーヒーを飲むのであれば2杯までが限度ということになります。

わたしなんてもっと飲んじゃってますけどね笑

まとめ

如何でしたでしょうか?

中毒かなぁ~と思いながらもこれだけコーヒーには良いところがあります。

飲み過ぎない程度にうまくコントロールしながらこれからもコーヒーライフをエンジョイしましょうね!


食品業界ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)