固定ページ

パナソニック衣類スチーマー「NI-FS550」レビュー

NI-FS550

長い梅雨が終わり、夏がやってきました。

夏の出勤と言えばシャツです!

ジャケットを着る時期と比較して、シャツが露出する機会が何かと増えるこの時期、気になるのはシャツのシワやヨレではないでしょうか?

でもシャツを定期的にメンテナンスするのって結構面倒ですよね?

磯次郎
磯次郎
いやぁー、シャツってシワを伸ばすのも面倒だし、クリーニングに出すと結構お金もかかるからめんどくさいんだよね。

クリーニングを出しに行くのも、取りに行くのも時間を作らなきゃいけないから自分でなんとかメンテナンスできればいいんだけどなぁ。

そんな方向けに今回簡単にシャツをメンテナンスできるスチーマーを紹介します。



パナソニック衣類スチーマー「NI-FS550」レビュー

今回紹介するのはパナソニックの衣類スチーマー「NI-FS550」です。

買ってみた感想としては、

いい買い物した!!

って感じです。得にオススメなのが、忙しいのにシャツのメンテナンスを毎日しなくてはならない方です。

衣類スチーマーは普通のアイロンとどう違うのか?

スチーマーが普通のアイロンと決定的に違うのが、ハンガーにシャツをかけたままシワを伸ばせると言うことです。

写真のように、ハンガーにかけた状態でそのまま衣類スチーマーを当ててシワを伸ばします。

NI-FS550

シワを伸ばす際は、シャツを引っ張った状態でスチームを充てる必要があるので、ハンガー部分はしっかり固定しておきましょう。

スチーマーを購入するメリット

パリッとしたシャツを着ることで、得することはたくさんあります。

まず第一に、清潔感のある印象をもたれることでしょう。

高級なブランドもののシャツやスーツであっても、手入れがされていないのはダメで、清潔感の印象を相手に与えることができません。

安いシャツでもスーツでも、メンテナンスされていることが大事なのです。

時間のない人でも簡単にシワが伸ばせる

写真はアイロン台を使わずに、ハンガーにかけたままスチーマーをかけた時のシャツです。

NI-FS550   NI-FS550

左側のシワがかなり伸びていることがハッキリわかります。

これで約所要時間は1分間程度です。

これ以上しっかりシワを取りたい場合はアイロン台が必要になりますが、この左側の状態であれば十分着て出かけても問題ないレベルです。

アイロン台があればプレスもできる

エリや袖などに関しては、ハンガーをかけたままシワを伸ばすのは難しいです。

こういう場合は、アイロン台でプレスをすることで更にきれいに仕上がります。

ほとんどの面積をハンガーにかけたままシワを伸ばすことが出来るので、小さなアイロン台を購入しておくと良いと思います。




1人暮らしにはピッタリ

クリーニングに出す費用と時間が省けるのでかなりオススメです。

モデルによっては価格も1万円もしないので、クリーニングにかかるコストなどを長い目で考えるとすぐに元は取れてしまうかと思います。

なぜシャツはメンテナンスしておく必要があるのか?

シャツのシワ伸ばしについて述べてきましたが、そもそもどうしてシャツのシワを伸ばすことにこだわっているのでしょうか?

それは、シワのままのシャツはマナー違反であり、相手に良い印象を与えないのです。

シャツが手入れされているかは清潔感の重要な要件の1つ

女性が男性に求めるものに良く口にするものとして「清潔感」が挙げられますし、ビジネスの場において相手に良い印象を与えるのも「清潔感」です。

ここに、仕事の能力が同じABさんがいたとします。

Aさんは剃り残しの無精ヒゲに、シワだらけのシャツを着ていたとします、一方B君君はヒゲの剃り残しもなくシャツもパリッと仕上がっています。

同じ能力だとしたらあなたはどちらを選ぶでしょうか?当然B君を選ぶと思います。

そうなるとA君は同じくらい仕事ができるのに見た目だけで判断されてしまっていいのですから。損ですよね?

それだけ人間は見た目だけでかなりのところまで判断されてしまっている証拠です。

においも消せる

衣類であれば当然生乾きだと雑菌が生地内に発生します。

これは微生物によるもので、梅雨の記事は特にやっかいですよね?

ここで私たちが行うのは、スーツやにおいの元となるシャツにファブリーズなどの芳香剤を吹きかけることではないでしょうか?

しかしにおいを取ることで考えるのであれば、においの元を除去するのが大事!

スチーマーの蒸気でシワ伸ばしの機会と一緒に殺菌するのはかなりオススメです。



ウイルス対策にもなる

昨今は感染症の影響が心配されます。

手洗い、うがい、マスクと一緒に衣類も清潔でありたいですよね?

でも、手や体は簡単に洗うことは出来ますが、スーツやオシャレ着はクリーニングに出すまで洗濯することは少ないというのが現状ではないでしょうか?

そうした時にこの衣類スチーマーが殺菌にも役立ちます。

家に持ち帰った後にシワを伸ばすついでに殺菌してしまいましょう!

仕事での信頼度が上がる

仕事でもできるだけ第一印象は良い方が好ましいです。

第一印象のギャップから信頼を勝ち取る技もあるのでしょうが、

最初の印象は良いに越したことはありません。

例えば、仕事の能力が同じAさんとBさんがいたとします。

Aさんは剃り残しの無精ヒゲに、シワの寄ったシャツを着て面接に現れ、Bさんはヒゲの剃り残しもなくシャツもパリッと仕上がっています。

同じ能力だとしたらあなたはどちらを選ぶかと言ったら、当然Bさんを選ぶと思います。

理由は自分が選択したその人を自分の上の人に紹介したり、お客さんの元に同行させたりする機会もあるからです。

Bさんはそこで仕事をすることで新しい他の能力に目覚めたり、新たなビジネスチャンスに巡り合う可能性もあるわけです。

そうなると最初の段階で切られてしまったAさんは、身だしなみだけでかなり損したことになりますよね?

身だしなを怠っただけで損をするのは非常に勿体ないので、日頃からメンテナンスを心がけましょう。

モテる、自分に自信がつく

やはり小ぎれいにしていると清潔感が出て、これがビジネスだけでなく異性にも好印象を持たれます。

これは男性にも女性にも言えることです。

清潔感を出して小ぎれいにしておくことで、いろんなチャンスが増えることは間違いありません。

最終的にパナソニックを選択した理由

何といっても以下の2つの理由が大きいです

・コンパクトであること

・どの角度でもスチームが出る

以上の理由です。

NI-CFS750との比較

連続して何枚かシャツをメンテナンスする時は途中で給水する必要があります。

大体シャツ2枚くらいで一度給水する必要がありますので、毎日数枚スチーマーを使用したり、アイロン台を使用してキッチリシワを伸ばすときは大容量の750の方がオススメです。

ただ、そんなに給水の手間もかからないので、私としては550でも不自由に感じたことはありません。

まとめ

長くなりましたが、Panasonicの衣類スチーマーの紹介でした。

かなりオススメですので是非購入してみては如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)